IT系の業務委託で理解しておくべき契約方法

フリーのIT系エンジニアとして働く際には、クライアントとの間で契約を交わすことが多くなります。
この契約方法には幾つかの形式があり、IT系の業務委託としては委任契約や請負契約といった形式が広く普及しています。
この請負での契約方法の場合は、予め納期が厳格に規定されています。

その他にも細かな条件がつくことが一般的ですが、IT系の業務委託の場合はプログラムなどに不具合が出ないことが必須条件です。
万が一、契約内容とは異なる仕様のプログラムが納品された場合には、報酬が支払われない事もある為に注意が必要です。
且つ、この契約で把握しておくべき点としては納期が短い仕事が多い事です。
納期が短いほど報酬も高額になる事が多い為にモチベーションの高まる仕事ですが、時間を要する作業を多く含むプログラムや個々のスキルで対応が困難になるシステムも見受けられます。
従って、予測していた以上の作業時間や手間を要する仕事もある為、予め契約の詳細を把握した上で請け負う事が必要です。

委任契約の場合は、納品物に対して報酬が支払われるものではありません。
よって、基本的なスキルを身に付けたエンジニアであれば取組みやすい仕事が多くなります。
しかし、請負契約は仕事内容に細かな規定があるために詳細を把握しておかなければなりません。
IT系の業務委託は、フリーランスのエンジニアの仕事の形式として一般的に普及しているものですが、内容を吟味した上での契約締結が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です