営業力が欠かせない

IT系のフリーランスは、基本的に業務委託によって仕事を受注してきます。
業務委託は請負契約であって、フリーランスは完成させた自分の仕事を納め、その対価として仕事を依頼した企業から報酬を受け取ることになります。
しかし、こうした業務委託での仕事の受注は決して簡単なものではありません。

IT系のフリーランスは、自分の腕一つで高収入を稼げると思いがちですが、ITの知識だけでは業務委託を勝ち取ることは難しいと言わざるを得ないでしょう。
業務委託で契約先を探すのは、結局のところ自分自身の営業力にかかっています。
自分の技術屋としての腕を頼みに意気揚々と会社を辞めて、フリーランスとして食べていこうとやる気になっていても、仕事を受注することができなければそもそも腕を見せる場がありません。

むしろIT系業務委託に求められる技量は、そうしたITの専門家としての能力ではなく、いかに仕事を取ってこられるかという営業力なのです。
そして、たとえ仕事を受注できたとしても、それが自分のやりたい仕事とは限りません。
フリーランスとして活動すれば自由に仕事を選べると思われがちですが、仕事の受注がうまくできなければ仕事を選んでいる自由もなくなってしまいます。

お金を稼ぐということを一番の目的として考えるなら、仕事を取ってこられない状況に陥った場合、仕事を取捨選択できるだけの余裕がなくなってしまうでしょう。
もしフリーランスとして活動することを念頭に置いているのであれば、自分の技術屋としての能力ではなく、営業力があるかどうかを基準にした方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です